使用電力見える化機器の返却とそのモニター結果

 札幌市環境局から貸与を受け昨年12月24日に設置し2月15日までモニターした「見える化機器」を、受取時に入っていた段ボールに詰め、添付されていたゆうパックの伝票を貼って返却しました。54日間モニターしています。結果ですが、北電の今年2月分の電力使用量お知らせでは、前年同月より48kWh下がっています。モニター機器は配電盤の100Vブレーカー後の配線に付けていました。ところで、我が家は最初から電気温水器を使っており、ガス機器の老朽化に伴いIH調理器に替え、次いで2台目灯油ボイラーの老朽化時に電気ボイラーに入れ替えたという経緯があり、これら200V電源は別系統で見える化機器の測定対象から外れています。このため、昨年12月の月間使用量実績をもとに設定した目標値に対して、実測値は常に3分の1程度で、残念ながら毎日の目標値に対して節電を考えるという当初の目的は果たせませんでした。つまり、ごく日常の生活をしていて、どういうわけか昨年より月間で48kWh使用電力は低減したことになります。当たり前ですが、二人そろって外出している日の電力使用量は、他の日に比べ電力消費はぐんと下がってました。つまらない結果ですね。

Welcome to My Home Page!

  ニュースには、当事務所関連のニュース、当事務所が実際に参加した環境に関するセミナー等の内容を紹介しています。

 

行政書士事務所 環境」の

武田 義(ただし)は、環境

保全に関する法令(大気汚染

防止法、水質汚濁防止法、廃

棄物処理法など)について、

長い実務経験があります。

 

<<保有資格>>

・行政書士

 (登録番号10012321)

・ISO14001

 CEAR環境審査員補  

 (C01350)

・HES

(北海道環境マネジメント

 システムスタンダード)

 主幹審査員(H035)

・環境カウンセラー

 (事業者部門、 

  登録番号2011101001)

・エコアクション21審査 

 (認定・登録番号140012)

・地域カーボン・カウンセラー

・産業廃棄物処理業の許可申請

 に関する講習会(新規)収集運

 搬課程及び処分課程修了

 (第115060028号及び

 第215108045号)

一般社団法人北海道成年後見

 支援センター会員

行政書士用電子証明書取得

(セコムパスポートfor G-ID)